生まれつきの歯並びは一人ひとり異なります。矯正治療では歯並びや噛み合わせを正常な状態に戻す事により、虫歯や歯周病の予防、顎の痛み、コンプレックスなど様々な悩みに対応します。特に上顎の成長がほぼ止まる11歳までの小児矯正治療においては、将来的に外科的治療の可能性が低減するなど患者様の負担を軽減し、より理想の歯並び、噛み合わせに近づけることができます。また当医院では、顎の動きを測定できる最先端の検査機器・キャディアックスを導入しています。矯正治療全般や補綴物を作成する際にも使用できる機器ですが、当医院では顎関節症の検査に導入して、より根本的な治療に取り組んでいます。

治療の種類

精密検査や他科目との連携の必要性

矯正を行って理想の歯並びや噛み合わせの状態を得る前に、現状のお口の中の状態をCT、セファロ、キャディアックスなどで精密検査し、骨の状態、噛み合わせ、外形とのバランスなどを精査し、矯正の前に必要な治療がないかを確認します。なぜなら虫歯や歯周病があったまま治療に入ってしまうと、症状を悪化させてしまう可能性があるからです。また矯正治療はお口まわりのすべてのバランスを整える治療ですから、歯や骨を動かすだけでなく、矯正以外の各分野の専門医と連携して、トータルな治療にあたる包括的治療が必要となります。

治療ステップ

STEP1無料矯正相談

治療の流れをご説明します。お気軽にご相談ください。

STEP2精密検査

歯の型取り・X線検査にて、患者様の状態を検査します。

※症状によっては、キャディアックスによる顎運動検査を行います。

STEP3治療計画のご提案

必要な治療、期間、手順などの治療計画をご提案します。

STEP4前処置

虫歯の治療や抜歯などの処置に加え、フィリップス社製の音波式電動歯ブラシ「ソニッケアー」、口腔洗浄器「ウォーターピック」の2製品を用いた歯磨き指導を行います。

※ソニッケアー、ウォーターピックをお持ちでない場合、ご購入いただく必要があります。

STEP5矯正期間

[期間中の来院目安] 月に1回
矯正器具を取り付け、歯の移動、顎の成長の調整を行います。

STEP6保定期間

[期間中の来院目安] 月に1回
矯正器具を取り外し、後戻りを防止します。


年齢による矯正治療の違い

美しい歯並び、正しい噛み合わせをつくり出すための矯正治療には、成人矯正と小児矯正があり、治療の方法が異なるため、それぞれ該当する年齢の目安を設けています。栗林歯科医院では、顎が成長過程にある11歳未満を小児矯正、11歳以上を成人矯正と位置づけています。小児矯正は顎の成長過程に合わせて適切な治療が可能で、抜歯の必要性が低減するなど患者様の将来的な負担が少なく、治療の選択肢の幅が広いことが特徴です。一方、成人矯正の場合、顎の成長が完了しているため、歯や骨を動かせる余地が少なく、抜歯や口腔外科手術が必要なケースがあります。しかし成人でも症状に合った矯正装置を使うことで、美しい歯並びと正しい噛み合わせをつくることは可能です。歯周病や虫歯を予防することができ、健康と美容を得ることにつながります。