2014.07.10 予想外の症状でインプラント治療に踏み切る

診療科目
  • インプラント
  • 親知らず抜歯
  • 口腔内全体の再構築
術式・装置
  • カムログインプラント(ドイツ製)とセラミックの上部構造を使用したインプラント治療
  • ハイブリッドセラミックを使用した審美補綴
治療期間
インプラント:6ヶ月、補綴:3ヶ月、親知らず:4週間
メンテナンス:3ヶ月に1度

右下の歯の根元が縦に割れていて、そこが痛みの元となっていました。その他にも噛み合わせが悪い部分や、水平埋伏した親知らずもある状態でした。

痛みの元となっていた割れていた歯は抜歯し、その後にインプラント治療を行ってお口の中全体の噛み合わせのバランスを取りました。また見た目にもこだわって、ハイブリッドセラミックを用いた審美補綴も行いました。

患者様の声

40代/女性/浦安市
数年前に治療した歯の被せ物が取れてしまい、しばらく放置していたら別の歯の歯根が痛むようになってしまいました。どこの歯医者さんにしようかなと思ったとき、栗林歯科医院を思い出して、駐車場もあって通いやすそうだし行ってみようかなと。そんな軽い気持ちでした。
当初、被せ物が取れた歯を治療すれば終わるだろうと思っていましたが、初回の検診で治療しなければならない歯が他にも見つかり、思いがけず、長いおつきあいをすることになりました。
途中、東日本大震災があり、通院をストップせざるを得なかったのですが、受付の方から「最近どうされていますか?」といったお電話をいただいて、「また通おうかな」という気持ちになりました。受付の方々の対応は、今まで通った病院の中でも、ナンバーワンと言ってもいいと思います。
治療は最終的にインプラント治療をすることになり、栗林院長から丁寧に説明していただきました。それでも不安だったのでセカンドオピニオンをとったり、知人の歯科衛生士にも意見を求めたりしたのですが、先生のおっしゃることは間違っていませんでので、インプラントに踏み切ることにしました。現在は、インプラントの微調整とメンテナンスに通っています。
治療前は、歯に気を遣いながら食事をしていましたが、今はしっかりと「噛める」ということに喜びを感じながら、美味しく食事をいただいています。

検査と診断

case_003_02

虫歯歯周病検査、インプラント精密検査(模型分析、CT撮影)を行いました。その結果、右下5番の歯根破折、左下6、7番に歯根の治療が必要な根尖性歯周炎、左下に水平埋伏した親知らずがあり、軽度の歯周病ということが分かりました。そこで、右下5番の歯根破折については抜歯後にインプラントで欠損歯を補完、左下6、7番は根管治療、水平埋伏した親知らずは抜歯、その他、4本ほど審美補綴を行う治療計画を立てました。

予定治療期間:動的治療で約2年間

術式プロセス

痛みの元になっていた右下5番の歯根破折した歯を抜歯し、インプラント治療中に、隣の6番も割れはじめました。左上4、5、7番の歯の欠損で負荷がかかっていたことが原因とみられ、すでに失活している右下4、7番の歯の寿命を延ばすために、患者様の同意を得て、左上7番もインプラント治療に踏み切りました。

インプラント治療においては、右下5番の抜歯後、3ヶ月間骨の回復を待った後、隣の6番と合わせて2本のインプラント下部構造を埋め込み、さらに3ヶ月間のオッセオインテグレーション(骨とインプラント体が結合するための安静期間)を経て、セラミックのインプラント上部構造を装着しました。

そのほかにも、水平埋伏した親知らずの抜歯や、ハイブリッドセラミックを使用した審美補綴を行うなどして、最終的に口腔内全体を再構築しました。患者様は、現在もインプラントと全体のメンテナンスで3ヶ月に1度、通院されています。