美しく健康であり続けるために

治療の終わりが予防のスタート。せっかく治療して美しく整った歯もきちんとメンテナンスしなければ、その美しさや健康は保てません。毎日の歯磨きで落とせる菌もありますが、歯と歯茎の間に入ってしまった菌は、プロの手を借りなければ落とせません。患者様にご自分の歯で食事を楽しんだり、歯を美しく整えて自信をもった人生を歩んでいただくためにも、メンテナンスはとても重要なのです。

将来的なリスクを未然に防ぐという考え方

さまざまな角度から患者様の歯の将来的なリスクを探り、治療につなげていきます。専門医による徹底した検査にもとづく医学的見地による診断、さらには過去のデータを紐解きながら、専門医以外のスタッフも加わって包括的な治療計画やメンテナンスの頻度について提案いたします。特にお子様の歯については、将来を見据えた治療計画が必要です。今、治療に取り組むことでお子様の健康リスクを回避できる可能性が高くなります。

治療オプション

一人ひとりの体質や生活に合わせて、無理のない最適な計画を

初診で行うカウンセリングの情報を参考にしながら、患者様に合ったメンテナンス計画を提案します。治療中の方は症状に合わせて、治療を終えた方は歯周病や虫歯の再発を防ぐために、歯磨き粉・歯間ブラシ・フロスの選定やそれらを利用したブラッシング指導も行っています。美しく健康な歯を保つためにはメンテナンスを継続することが大切です。継続しやすい環境を整えることも栗林歯科医院の診療方針です。

自宅でのメンテナンスと定期検診

自宅でのメンテナンスだけでは限界があります。ブラッシングだけでは落とすことができない歯や歯茎につく菌の繁殖を防ぐためには、医院での定期メンテナンスが必要です。その頻度は菌の繁殖が防げる3カ月に1回程度が目安。定期的に通院していただくことで、仮に症状が出たとしても悪化を未然に防ぐことができます。併せて自宅でのメンテナンス方法のアドバイスも行っています。