●2/16(金)栗林理事長 東京西の森歯科衛生士専門学校 講演●

 

2/16(金)

東京昭島市にある

【 東京西の森歯科衛生士専門学校 】にて

特別講演を行いました。

 

 

テーマは・・・

《歯科衛生士として仕事で大事なこと》

 

 

DSC_2309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“歯科衛生士”は歯科医院にとって、とても重要な役割であり、

コンビニより歯科医院の数が多い近年の状況から、どこも歯科衛生士の求人に力を入れています!

そんな需要が多い “歯科衛生士”  の仕事の大事さをお話しさせていただきました。

 

と言いましても・・・

歯科の専門用語や、難しい症例のお話しをしたわけではありません。

 

栗林理事長が思う、

社会人として大事なこと(仕事をする上で大事なこと)

を重点的にお話ししました。

 

主な内容としては、

 *挨拶や返事の大切さ

 *報告・連絡・相談

 *目標と目的の確立

 *チーム医療の重要性

 *道徳心

など、45項目を具体的にお伝えしました。

 

 

この45項目・・・

歯科医院に勤務する

一般企業に就職する

自ら経営する

どんな形でも、“働く”にあたって根底的に必要なことなので、

当院に入社する新人スタッフにも必ず栗林理事長からレクチャーする内容です。

 

今回の講演で、少しでも“働く”にあたって大切なコトを感じ、学んでくれたら嬉しいです。

 

DSC_2312

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、栗林理事長はウィーンやアメリカに頻繁に足を運び、歯科医師としての知識を学んできます。

その時は講義を受けるだけでなく、

現地の歯科医院に見学に行ったり、

そこで働かれている歯科衛生士の話を聞いたりと、

世界の歯科医院の実態をも学んできます。

 

そこから得た、

世界的見た “歯科衛生士”の重要さ・価値ある職業ということも

生徒さん達にお話ししました。

 

DSC_2315

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科衛生士を目指している皆さん!!

 

3月4日に行われる国家試験、頑張ってください!!